灰に埋もれた炭火。滋賀で出会い
生け花または生け花とも呼ばれます。火を長持ちさせるため、または電力を調整するために、灰で火炉または火鉢で大量の炭火を覆う

火の上に今日の日記を書く滋賀で出会い
(松本つや)
fireが火に来るのを忘れないでください
(長谷川香奈)
fireに赤いしわの心
(A川龍之介)
火と生命の色の淡さ
(中村まゆみ)
すべての火と願い
(井上五木)

 

滋賀出会い
火と兄弟姉妹に簡単に割り込む
(大石Re子)滋賀で出会い
すること
(日野グラスキャッスル)
猫は火と隣に行きます
(岩b清子)
おしべ浴の無敗の愛
(塚原It香)
火と世界を破壊するあらゆる努力滋賀で出会い
(長谷川Re)
火と壁にいるゲストのシャドウマン
(松尾Bas)

画像は炭火です。
わずかな火の色が美しいと思います。

俳句の季節の言葉は、季節の感覚を表す単なる言葉ではありません。これは詩人の想像力の賜物です。
打たれた後、私たちは季節の時間に戻ります。
そして、誰かが飲み込まれたときに現れるもの。
`` 12月(部2) ''滋賀で出会い

沈黙と長引く頻度の12月

※カリオビンカ

コメント
コメントする