冬の噴水には独特の孤独があります。澄んだ水が湧き出ており、夏の噴水にはない何かを感じることができます。

孤独としての暖かい冬の噴水滋賀で出会い
(小池史子)
冬の春にはこっそり磨くという言葉があります
(川崎慶子)滋賀で出会い
冬泉の言葉を聞く
(石田翔子)
冬泉名は香りがする
(木田Re子)滋賀で出会い
月の晴れた日に広野の冬の噴水が晴れる
(白bat芝)
ほこりを待っている冬の噴水
(飯島はりこ)

 

滋賀出会い
黒猫は冬に春に寄りかかって、その長い尾を伸ばします
(金子陽太)
私の踊りは、冬の春に花になります
(桂信子)
心より深い冬泉
(橋本貴子)
ひなほしゅう冬住滋賀で出会い
(岡本at)
愛himeのような冬の噴水
(上田五石)滋賀で出会い

「岩と岩の声」これはフレーズです。
これは「静かな場所で岩が岩にrockい込むように歌う声」
ありません。
「カエルの声」を聞くとき、「静かに感じる」というフレーズ(「や」)。
順序は「salty」(結果)+「voiceの声」(原因)です。

空が冬の春で満たされたときにあなたが純粋に感じたフレーズ。
燃える火の頬

埋葬(うずみ、うずみ)滋賀で出会い
3つの冬の季節
幼少期の言葉は生け花、生け花

コメント
コメントする