"お腹をすか?"
お父さんが言った。
"ああです。"
私の答えです。

大阪、お父さんキッチン-炊です。
"明日は学校ます。"
親父が言った"ええ"を行います。
食べてからの私の父です。
"今日は、ないのか?"
大阪とくに、飲み物やお茶を吹き込みます。
何も言わないのかも知れない顔---
"少しの時間です。"
お父さんが言った。
---なんだかわからないとしてその時、寂します。

"お母さんはよりよいのだが---"
大阪きいことだと思います。
3日として普通のお父さん、お父さんになっているのでしょうか?大阪から離れてます。
近くて良いお父さんに見えます。
4日、お父さんから仕事帰りでの研究が私の背景としたストロークでは、ストロークしました。
5日間、本当に寂しいです。
でも寂しく、お父さんは言った。
父は、私から離れてます。
ご飯の時間にも近い。

大阪土産『ふくふくふく』

コメント
コメントする