その日、私は大阪をよくしていないので、私はその希望を求めていました。

 

 

私は講義の大阪を終え、クラブ活動に時間を割いた。

私は何らかの理由で疲れています。私はクラブ活動に参加したくありません。

 

それでおしまい!私は疲れを癒すために冬の休憩の活動のために設立されたシンプルな部屋で私の机の上で寝ることに決めました。

ACTUSがプロデュースする大阪のカフェ

しかし、大阪は机に落ちたことはありません。
当分の間、私は慎重に落とそうとしましたが、

 

身体と机の間の狭いスペースのために、

それは机の上に押し付けられた胸のような形をしていて、それは非常に窮屈です...少し少し感じます////

そこで体制を変えることにしました。

 

 

次に、私は私の机の上に頭を置き、私の体を後ろに突き出そうとしました。

コメント
コメントする