何が好きですか?
私はいつもフェアウェイを通り抜け、誰も見ることのできない大阪と谷の底からぶつかることなく、森に突入していたので、それは忍者のようだと言われました。途中のマンホールの蓋が落ちてしまっただけで、顔だけが持ち出されて助けられました。騒々しい大阪だったガールフレンドです。私たちが顧客の前半を上回って同じスコアを達成したのは、昼食でウィスキーを飲んで、森林の後半から出てこない

大阪・堂島ホテル

場所にぶつかり、散ったスコアを獲得したことでした。
貧弱なイメージがあるので、顧客が快適であっても、私が勝つとそれはずっと悪くなるので勝たなかった。 (大阪)
実際にはうまくいったかもしれませんが、私の人生は平らなフェアウェイを歩いていないと思いました。山の谷、森林、バンカー、川、そして失われた穴があった。あなたは苦しみに耐えられ、フェアウェイになることの喜びを理解することができます。
森の中から、私が谷の底からストライクしてフェアウェイに出たとき、私はそれが頻繁にそのような場所から出てきたと思います。

 

コメント
コメントする