私の犬の散歩の途中に竹の草があります。

竹の芽が道路に登場しています。

大阪は以前から思っていましたが、

それは大きくなり、歩くのがより困難になったのですが、

折り畳む人がいます。

感謝しますが、誰もそのようなことに興味がありません。

大阪はそれを拾うことに興奮して戻った。

私は若い竹の柔らかい繊維を打った、

私は筆を作りたい

大阪は柔らかい竹のブラシを作ったことがない。

生命力、成長可能性、
それは希望のように感じて前進するブラシです。


お守りのキャラクターを書くのは楽しいことです。

大阪『府立花の文化園』でツバキが見頃

コメント
コメントする